量子脳メソッド 統一場心理学カウンセラー2期 特別セミナー&説明会

今すぐ申し込む

こんにちは。吉家重夫です。

これからお話する内容は、私、吉家が25年という歳月と約1万人のカウンセリング経験からようやく完成した「心のテンプレート」を活用して、とても再現性が高く全く新しい『独自のカウンセリング法』となります。その公にされていない『カウンセリング法』をこのページをご覧いただいているあなただけに直接お伝えいたします。

単刀直入に申しますと・・・吉家本人があなたのカウンセリングを直接サポートする量子学メソッド統一場心理学カウンセラー2期セミナー&説明会を開催することになりました。一方的な動画配信だけでは、私がカウンセリングした「クライアントさんの事例」や「裏話」などお話ができない事がございます。あなたが「心のテンプレート」を使いこなし、『ウツ・トラウマ・引きこもりなどの多くの方を助けることができる方法』を確実に習得いただくためにもよりリアルな事例を、是非、体験して欲しいのです。その事例を見て、肌で感じて欲しいのです。

また、セミナーで生じた質問や疑問など、一人一人全員個別に相談にのる時間も作りますので、その場であなたのカウンセリングの問題は全て解決してください。

最短でカウンセリング能力を向上させる

今までと同じようなメソッドを学んだり、世の中にあるカウンセリングや心理学を学び続けてあなたは患者さんに対して大きな違いを生み出す事ができるようになったでしょうか?

量子脳メソッドの【心の7つのテンプレート】は様々な心の仕組をわかりやすく図解しているので、どのような症例も明確に分析でき、クライアントさんに最適な対応ができるようになり今まで以上にクライアントさんを助けることができるんです。

最短でカウンセリング能力を向上させる、、どんな考え方にも矛盾が生じない心理学、全てのメソッドの理論的な裏付けを手に入れる事ができる、全く新しい理論である量子脳メソッドを手に入れませんか?

この秘密を知ることで

1 クライアントの強烈な思いに振り回されることなく、クライアントの状況を短時間に的確に把握でき、深い理解と密着の中でもその言動に振り回されることなく、冷静に密着し続けることができます。従来難しいとされてきた症例に対しても冷静に自信をもって対処できる理論を提供します!

2 図解を中心とするこの方法が、セラピストの皆さんに、従来にはない、まったく新しい分かりやすい手段を提供します。

量子脳メソッドの最も大きな特徴の一つは、分かりやすい図解にできることであり、この図解をクライアントと共有でき、信頼関係を深めることにもつながります。心の構造が理解できるようになり、心を動かす原理もわかるようになってきます。

3 従来の断片的な経験則と組み合わせることで、皆さんが現在すでに持っていた能力を、更に飛躍的に増強できます。

譬えるなら、経験則が横糸で理論が縦糸であるように、この二つが合わさることで、とても柔軟で強力なセラピーが展開できます。

あなたは変化の激しい世の中で次々に現れる初めての症例に、統合された理論だからこそ広く柔軟に対応できるようになります。

これまでの世界にはない理論と実践方法を、30年かけて構築しましたので、皆さんの力で残し進化させて頂きたいと願っています。

セミナーの内容を一部公開すると・・・

常に冷静にカウンセリングできるようになりクライアントのネガティヴな想いに振り回されてしまうという悩みを解決する方法とは!?
あなたは15分でクライアントの現状を見極め、正確な見立てを行い、冷静にクライアントさんに密着しながらカウンセリングができるようになります。なぜなら・・・
「心のテンプレート」は心の構造と原理を具体的に図で表現したものなので、客観的かつ論理的な視点から心の状態を分析できるようになり的確にクライアントさんの悩みの原因を突くことができるのです。
「この人はこの対応で本当にあっているのだろうか?」と途中で迷うような場合も的確に対処できるようになる、ある手法とは?
「心のテンプレート」を活用することで絶えずクライアントさんの心の状態を的確にチェックしながら進めることができるようになります。

なぜなら・・・「心のテンプレート」はむやみに多くの症例を暗記していなくても、活用法さえ理解できれば、「心のテンプレート」にあてはめて、心の状態をまるで地図で目的地を指さして確認するようにチェックできるからです。
たとえ初めての症例に遭遇したとしても安心して対応できるようになります。

そして・・・予想外のことが起きたとしても、
すぐにそれを分析して、常に冷静かつ効率的にクライアントさんを助けることができます。
あらゆる心理療法と組み合わせて使うことができる方法とは?
これまでにあなたが蓄積してきた経験と結びつき、その価値を何倍にも高めることができます。さらに・・・あなたが今まで使ってきた治療法に「心のテンプレート」を活用すると既存の考え方をより深く理解し直すことができます。
カウンセリング能力が飛躍的に向上するある方法とは?
説明を避ける傾向のあった従来のカウンセリング法とはまったく違いクライアントさんに的確に経過説明しながら共同作業で回復させていく方法なので独自のスタイルである吉家式カウンセリング法をお伝えします!
クライアントさんから自分の置かれた状況について尋ねられても明確に答えにくい状況に直面してした時の対処法とは!?
心の構造を全て明確に図解したものなのでクライアントさんのあらゆる心の状態を常に明確に示すことができクライアントさんにとっては「自分の現在地がはっきりとわかる」という体験となります。

自分自身の現状・現在地を把握し、納得してもらいながらカウンセリングしていくので、クライアントさんと非常にスムーズかつ深い信頼関係を構築することができます。
この納得感が、口コミにつながります。
セミナー概要

この内容を学んだ人々は

内田朱美さま

15年以上も前から、色彩学と色彩療法(カラーセラピー)の講師として、たくさんの受講生に恵まれてきました。またプロのセラピスト養成講座も開講し、色彩療法が少しずつ世間に認知されるようになってきました。

ところが、色彩療法(カラーセラピー)のセッションにおいて、未来にどうしたらいいか?クライアント自身がその答えに気づくことはできるのですが、一方で時間が経つとクライアントのヴィジョンは同じところをぐるぐる回っているだけ、というケースが多かったのです。

これは、目標が見えてもそこへ向かうための「行動」ができないことが原因ではないかと考えてきました。ここ数年、受講生やクライアントが抱えている「行動に移せない原因」はいったい何か?また、逆に行動の原動力は何か?

自己肯定感や自己効力感もしかり、モチベーション理論、あるいはストレスにたいするレジリエンス等々、こころの解明に取り入れてみました。

しかし、クライアントは、どうしてできないのか?が理屈では解っても、ではすぐに行動に移そう!・・というようになるわけではありません。自分のこころを自由にコントロールできないのですね。まさに、色彩療法(カラーセラピー)の限界か?と感じ、私の中では大きな課題でした。

私は、昨秋に統一場心理学に出逢いました。まず「執着テンプレート」で目が釘付けになってしまいました。このテンプレートとは、こころの構図と言えましょうか。心は目に見えないものと思われますが、なんともスッキリと図解されて、思わずこれだ!ととても印象的な瞬間でした。

まず一番の成果は、私自身の人生を振り返ることができたことです。どうして今の仕事をしているか?またこれからもっとどうしていきたいのか?が明確になりました。


次に、クライアントや受講生が自己実現に向けて、行動するために何が必要なのか?がはっきりと解明できました。長年問題点として模索してきましたが、色彩療法に新しいエッセンスを加えたカタチ(彩識メソッド)で、セッションに活用していきたいと思います。

先生は元々が科学者でいらっしゃるので、物事の捉え方や分析力が素晴らしく特に「言葉の選択」については、非常に正確で、何となく使っていた言葉の解釈については驚くこともしばしばで、改めて勉強になりました。以前より「伝わる」に拘ってきたつもりでしたが、伝わるには「言葉の選択」が当然ながら大きく左右するのだと、見直すきっかけを与えて頂きました。

こころの問題はどんな業種であっても必ず関係してくるものと考えています。既にコーチングやカウンセリングを生業とされている方はもちろんのことですが、私のように五感に関係する仕事には活用できると思います。

加藤凡順さま

発達障害児童のデイサービスを経営し、会社売却して、自己肯定感をテーマにセミナーを開催する
自己啓発系のセミナーは、口伝え伝承で、再現性やエビデンスがないというのが内実でしたが、統一場心理学を学ぶことで、全てのメソッドの理論的な裏付けを手に入れました。
全てを解き明かした!という吉家先生のコメントに惹かれ
ていましたところ、

自分の自己肯定感を得るメソッドを、吉家先生が内在者理論を通じて、その効果度、現実性を説明してくれました。
学んで大変良かったと満足しています。
吉家先生は、どんな質問も受け入れる自信溢れる実力のある講師です。
子供をよりよく育てたいと考える、全ての、親、教師、指導者などにおすすめします。

犬飼さま

何に対処すればいいのかがハッキリしたので今では自信をもってカウンセリングにのぞむことができますし、
どのクライアントさんとも良好な関係を構築できるようになりました。

舩矢さま

「そもそも論」を深く考えている理論なので、カウンセリングやコーチング的な分野以外の人間のあらゆる活動について扱える可能性があります。
地に足の着いた考え方で自分の心を成長させ自在さを獲得したい方にオススメです。

仲居さま

「心」「脳」「五感」「今」の位置関係についての独自のテンプレートでわかりやすく教えてくださったので、
「心のテンプレート」をしっかりと理解するだけで頼りがいのあるカウンセラーに成れます。

宍倉さま

心という一筋では捉えにくいものについて今までに心理学、宗教、哲学、スピリチュアルなどの視点で多角的に学んできました。
それらを総括的に一つのセオリーで語れるというところに興味を持ちました。

渡部さま

心理学、スピリチュアル、武道、
手当たり次第いろんな分野に探し求めてきたこのテーマに関して、
統一場心理学が本質的と思える示唆を与えてくれたことは驚きでした。
真理に触れる喜びとでもいう感覚を、
この講座を受講する中で何度も味わいました。

岩垂さま

学生時代は人見知りが激しく、
人前で演奏する時も極度に緊張してしまい
自由に自分を表現することが出来なかった為、
自分の心を自由にコントロールできるようになりたいという一心から受講し、
今では人前で演奏する時も極度に緊張することなく
楽しく充実した時間を過ごせるようになりました。

大森さま

時間軸でこれまでの自分の人生を振り返ったとき、トラウマになっている場所や事柄がへっちゃらになって、感情と事象は違う。場所には問題はない。と、心の問題を客観的に思えるようになりました。
パニック障害、過呼吸や、うつ病に悩む人。
相手を変えたい!と思っている人。

にオススメです。

小熊さま

『心のテンプレート』は非常に論理的で明確にわかりやすいので
「心ってこんなもんか!」と気楽に考えられるようになりました。
いつの間にか成果が出ている、というのが凄いな!と思います。

今すぐ申し込む

心理支援とは

心理支援には「カウンセリング」と「教育」のどちらも不可欠要素です。しかし、多くのカウンセラーはまさに「カウンセラー」の字のごとく「カウンセリング=心を整える、癒す」ことしかしていない。
「教育」が抜け落ちてしまっているのです。

「教育」とは、心に新しいモノ(考え方や視点などの要素)を加えることであり、量子脳メソッドは、「図解をする=心のテンプレートを使う」ということ自体が新しいので「教育」であり、しかも心の原理原則を解き明かした統一場心理学を土台にしているので、量子脳メソッドを学ぶことは、すなわち統一場心理学を学ぶことにもなるのです。

講師紹介

早稲田大学理工学部修士卒業。
大手製薬会社研究所勤務。新薬の合成研究を進める一方で、統計、心理学、脳科学など研究。

同社を退職後、心理カウンセラーとして独立。東急カルチャースクール講師。
日本心理アドバイザー協会設立。

人の心を十分に説明できていない従来の心理学について疑問を持ち、
「目に見えない心をもっと具現化し、
心の地図のようなわかりやすいものができないものか?」

と数年間の集中的な研究により
「心のテンプレート」の骨格を構築。

その後さらに10年以上かけて、
人間のかかわるほとんどの分野を包み込む心理学を構築した。

25年間にわたって「人の心」を研究し、
延べ約1万人もの人たちの「心の悩み」を根本的に解消してきた。

現在は、心理カウンセリングを行う傍ら、
量子脳メソッドを一人でも多くの人に伝えることを使命として、
講話会やセミナーを行い200人もの優秀なカウンセラーを育成している。

首都圏のみならず福井県、石川県、京都府、栃木県など、遠方にお住いの方々から次々に参加表明を頂き、嬉しい驚きがありました。

 私は、一日も早く、一人でも多くの方に、量子脳メソッドを活用して頂きたいと願っています。残りの人生の全てをかけて、一人でも多く、私を超えていって下さる方が現れるのを切望しております。

 ですから、出し惜しみなどしません。皆さんが感じられる疑問の全てに、全力でお答えします。
来年は、より多くの方々により多くの情報をお伝えすべく、万全の準備を進めております。

著作多数
『うつは自分で治せます』万来舎 2017年
 うつ病はあなた自身が完治させる
『あがり症が解消する』Kindle 2016年
 「心がなおる物語」シリーズ①
『老人性鬱が解消する』Kindle 2016年
 「心がなおる物語」シリーズ②
『観える』第1巻~第5巻 Kindle 2016年
『統一場心理学の考え方』知道出版2012年
 日々使える心理学から私とは何かなど哲学まで、
 統一場心理学の全貌を分かりやすく解説
『ラクしてトクする思春期のなやみ方』2003年
 中学生にも分かる人間関係の実践的心理学
『困った心の出口が見える』現代書林2000年

今すぐ申し込む

PAGE TOP